医療安全管理

医療安全管理

1.医療安全に関する基本的な考え方

min-021-min医療事故を防止する為には、各部署及び職員個人が、事故防止の必要性・重要性を自分自身の課題と認識して事故防止に努めます。また、医療安全体制の確立を図ることが重要であることから、当院では医療安全管理部門を設置し、指針基づき、医療安全チームを設置し、医療安全対策に関する問題点を把握し、改善策を講じるなど医療安全対策活動を担うとともに、組織横断的に院内の安全管理を行います。

2. 安全管理の為の委員会および組織体制

min-007-min医療安全に関する委員会として 医療安全管理委員会を設置しています。
医療安全管理委員会は医療安全管理者を委員長とし、安全管理に関する基本的事項について調査、審議し、またインシデント・アクシデントの実態把握と再発防止策の検討・実践を行います。

また、院内では医療安全チームが活動することで、委員会で決定された方針に基づき、医療安全対策に関する問題点を把握し、改善策を講じるなど、各部署の活動の実態把握とインシデント発生から評価改善に至る一連(PDCA)の活動を担っています。

3. 安全管理のための職員研修

職員の安全に対する意識、安全に業務を遂行するための技能やチームの一員としての意識の向上を図るため、医療に係る安全管理の基本的考え方及び具体的方策について、職員に対し以下の研修を行う。
ア 医療機関全体に共通する医療安全に関する内容とする。
イ 医療に関わる場所において業務に従事する者を対象とする。
エ 年2回程度定期的に開催、それ以外にも必要に応じて開催する。

4. 医療事故発生時の対応

(1)患者に望ましくない事態が発生した場合には、医師、看護師等連携の下に速やかに患者の状態を把握し、院内の被害を最小限にするよう全力を尽くす。
(2)主治医・院長に報告し、指示を仰ぐ。
(3)啓愛会及び理事会へ報告する。
(4)医療事故報告書については5年間保存する。
(5)患者・家族への連絡及び状況説明は、客観的事実を誠意を持って伝える。

pagetop

社団医療法人啓愛会 美希病院|岩手県奥州市

〒029-4201
岩手県奥州市前沢古城字丑沢上野100番地
TEL. 0197-56-6111
FAX. 0197-56-6112