NST(栄養サポートチーム)

NST(栄養サポートチーム)

min-006-min

栄養状態が悪いと体力を始め、あらゆる機能が低下し、治療を受けても疾病や怪我の回復に時間がかかってしまいます。その為、速やかな栄養状態の改善が必要となります。

当院では、NST(Nutrition Support Team 栄養サポートチーム)が活動しています。

チームは医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、言語聴覚士、臨床検査技師、調理師で構成され、週1回の回診と月1回の全体会議を行っています。

専門スタッフがそれぞれの知識、技術を出し合い、患者様に最適な栄養管理を提言、実施することで患者様の早期回復、退院を支援しています。

栄養サポートチーム(NST)とは

min-007-min栄養管理を症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施する(栄養サポート)を多職種で実施する医療チームです。

適切かつ質の高い栄養管理の提供は、疾患の早期回復及び、重症化や合併症の予防に大きく関わります。それは同時に、在院日数の短縮による早期社会復帰や、入院費の節減にも繋がります。

また、高齢者の方々は、加齢により発生する様々な理由(嚥下状態の悪化、食欲不振等)により栄養障害に陥るリスクが高くなります。

それらの問題に対し早期介入を行い、栄養障害に陥るのを予防することにより、栄養障害及びそれによって引き起こされる感染症や褥瘡等を防ぐ事が出来ます。その為、高齢化社会とそれに伴う医療従事者不足の問題への対策につながるものと期待されています。

各職種の役割

医師

  • 病態・病状の把握
  • 適正な栄養療法の設定、選択、実施または指示
  • 実施した栄養療法の効果の判定、評価
  • 主治医への提言
  • NSTスタッフへの教育・指導

看護師

  • 病態・病状の把握
  • 栄養不良患者様の抽出(体重減少率、食事摂取量の減少が継続等)
  • 患者様の情報収集・提示(身体測定、主治医の治療方針、食事摂取量、排便排尿量、血液検査データの把握)
  • 適切な栄養療法の提言
  • 栄養療法の実施、モニタリング、評価

管理栄養士

  • 全患者様の栄養管理情報の把握
  • 栄養不良患者様の抽出
  • 栄養アセスメントにより摂取栄養量と必要栄養量を算出し、食事内容を検討
  • 栄養ケア計画の原案を作成・提言
  • 栄養療法のモニタリング、評価
  • 補助食品、栄養剤の情報提供
  • 栄養指導

薬剤師

  • 病態に応じた栄養剤の選択
  • 経静脈栄養患者様に対する栄養状態の把握
  • 服薬による副作用の確認
  • 栄養療法関連製剤の情報提供
  • 服薬指導

臨床検査技師

  • 栄養不良患者様の抽出
  • 検査結果の報告
  • 感染情報の提供
  • 検査データの情報提供(項目間の関係等)

言語聴覚士

  • 摂食・嚥下障害による栄養状態不良患者の抽出
  • 患者の摂食・嚥下状態の情報提供
  • 適正な食事提供の提言(食事形態、摂取時の体位、介助方法)
  • 患者が実施している訓練状況の情報提供(活動強度の確認、必要栄養量の適正算出の為)

pagetop

社団医療法人啓愛会 美希病院|岩手県奥州市

〒029-4201
岩手県奥州市前沢古城字丑沢上野100番地
TEL. 0197-56-6111
FAX. 0197-56-6112